Top > ビジネス > 国際結婚手続きを中国から開始するメリット

国際結婚手続きを中国から開始するメリット

国際結婚手続き 中国は、まず中国の手続きから開始しましょうといわれています。

外国人が、3ヶ月以上日本に滞在したい場合は、在留資格認定証明書の申請が必要です。在留資格とは、日本に3ヶ月以上滞在するに値する資格のことで、例えば日本人の配偶者がいる、日本の会社で働く、日本の大学などに留学するといった資格があります。

国際結婚手続き 中国の手続きは、もし日本からはじめても婚姻は成立します。

これは、空港や都市部にある入国管理局で手続きが必要です。在留資格認定証明書を取得していなければ、観光客扱いになってしまいます。したがって、日本での就労や長期滞在をすることが禁止されるため、在留資格は事前に必ず申請が必要です。

でも、国際結婚手続きを中国から開始してしまうと、結婚証をもらえないのです。

在留資格が得られたら、日本に入国後在留カードという証明書が付与されます。これは、外国人における日本での身分証明書のようなもので、これを持っていることで適切な在留資格を持って入国しているということが証明されます。

ビジネス

関連エントリー
国際結婚手続きを中国から開始するメリット
カテゴリー
更新履歴
バッサ美容液 口コミ(2018年7月20日)
きれいになるためにもしっかりと(2018年7月19日)
プレマーム 口コミ(2018年7月16日)
クリスタルコンプ 口コミ(2018年7月16日)
リジュン(2018年7月13日)